ひげ・髭

リンカーン(1863年)ミクロゲン・パスタはひげにも使用する育毛剤ですが、ひげも眉同様ヒトにしかない顔のパーツです。他のほ乳類のそれは洞毛という感覚器官であり、これはヒトにはありません。日本語の「ひげ」は、くちひげ(髭 mustache)、あごひげ(鬚 beard)、ほおひげ(髯 sideburn)の総称です。漢字でも英語でもこれら3つは区別されていて、日本語のような総称にあたる語がありません。

眉の形状と同じく、ひげの有無は顔の印象に大きな影響を与えます。有名な逸話は、リンカーンが大統領選挙中に少女に勧められてひげをはやした話です。*1 あごひげのないリンカーンはかなりやせ細って貧相な印象です。

髭のないリンカーン(1860年)少女の手紙は、「口ひげをはやせば、投票を決めていない兄たちにあなたを薦める。ほおがこけているので、髭をはやせば、ずっとよく見える。女性はひげがすきで、夫達にあなたに投票するよう働きかける。」といった内容でした。

現在、世界各地では、いろいろな理由で、髭は剃ったり、のばすことが強制されています。日本では、就業規則や服務規程で禁止されていることが多いようです。戦国時代の武将は髭をはやしていましたが、江戸自体には髭を剃るようにりました。明治時代にはヨーロッパでの影響をうけ、地位の高い人に髭をはやすことが流行っていました。紙幣の肖像には偽造防止の理由もあり髭のある男性が多く使われています。


出展


1. Grace Bedell, Wikipedia

PAGETOP


ミクロゲン・パスタについての問い合わせ先